17 2017

小さいものの生産現場



続き>
タイルミュージアムに入る前に、モザイクタイルの会社、オザワモザイクワークスさんの工場で、モザイクタイルが出来上がる工程を見学させていただきました。形どられたタイル、この後、刷毛で埃を落とし、釉薬を吹き付けられて、釜へ入っていきます。

IMG_9645.jpgIMG_7200.jpg

釜は長〜く、ゆっくりとタイルは移動しながら17時間、焼かれるそうです。右は釜から出て冷やしている最中のタイル。この後、割れたものやくっついてしまったものを、手作業で検品します。小さくて数があるから大変!職人技ですね。

DSC07201.jpg
シート張りの前にタイルを型に並べている様子。こちらも手仕事、超早業。

DSC07208.jpgDSC07213.jpgDSC072112.jpg

小さいものの集合体に人はかわいい、、と思うのでしょうか?
生産の現場はとても楽しかったです。



小野育代建築設計事務所のホームページ


関連記事

0 Comments

Leave a comment