01 2017

牧野植物園〜高知の旅vol.4



牧野植物園、牧野富太郎という植物学者の植物園です。
3月中旬で新芽も芽吹いているためか、大変な賑わいでした。
是非訪れたいと思っていた建築です。設計は内藤廣氏。

敷地全体のランドスケープに建物が見事にハマって、植物を楽しめます。
屋根は、やはり高知の強風を考慮した緩やかにカーブしたデザイン。
建物の地域の気候は切っても切り離せない、その条件と呼応して建築が昇華されています。

DSC03661.jpg

建築を見に行ったのに、すっかり植物を探すスタンプラリーにハマってしまいました。
気候と、牧野博士へのリスペクト、地形と建築が一体になった素晴らしく楽しい場所でした。


DSC03676.jpg

DSC03706.jpg


DSC03611.jpg

感動がうまく写真で表現できず、悔しい限り、、、。
また是非とも行ってみたい場所です。


小野育代建築設計事務所のホームページ
関連記事

0 Comments

Leave a comment