05 2016



近所の家が解体されて、立派な自然石の擁壁と門扉だけた残されていました。
毎年きれいな花が咲いていた梅の木も切られて少し残念。
それにしてもこの自然感。岩の存在感、その間に生えた樹々の存在感。
いいなあ。

DSC01763.jpg

門扉上には縁起物のカエルが彫られていました。




小野育代建築設計事務所のホームページ


関連記事

0 Comments

Leave a comment