07 2011

稲立毛

GW期間中、房総半島の中央部に位置する棚田の田植えに参加した。

里山全体に、朝モヤが多少かかっていて、自然の息吹が立ちこめていた。
田植え前の稲も生き生きと、風にそよぐとともに
タンポポなどの草花も、茎が太く長いものがあり、
風景全体が、さわやかな生命力に満ちていた。

稲で刈入れ前のものを、稲立毛というと最近知った。
この文字面に、農耕民族として、農を再認識する。
広義には、野菜果物も指すらしい。

めざすは、みのりの秋!(m)

20110503田植え


関連記事

0 Comments

Leave a comment