02 2015

のっぽな和風住宅

DSCF0893.jpg

築80年の木造3階建て住居を見せて頂く機会がありました。
昨今の3階建てとは違い、和風のたたずまい、しかし3階建て。
和風の屋根が普通よりずっと高い位置にあるので、下から見上
げるとなんだか不思議な感覚になります。

内部も廊下(縁側)の窓は、床から天井までガラス戸が入って
おり(間に横桟はありますが)とても浮遊感があります。その
つくりは、「千と千尋の神隠し」の湯屋のようで、タイムスリ
ップしたような、異空間体験でした。
今も大切に住まわれており、貴重な体験をさせて頂くことがで
きました。


小野育代建築設計事務所のホームページ




関連記事

0 Comments

Leave a comment