22 2010

朗読会

施主のI さんの朗読会に参加。
演目は写真家の星野道夫作「旅をする木」
中島敦作「山月記」、
最後に絵本で、サム・マクブラットニイ作「どんなにきみがすきだかあててごらん」

朗読会自体はじめての参加だったが、
「旅をする木」でアラスカの雪、熊の息づかいを感じ、
「山月記」ではひとの一生について考え、
「どんなにきみがすきだかあててごらん」ではかわいいウサギで和み、、、、
どの演目にも思わず引込まれる。
「生」の朗読には想像力をかきたたせる力があるんですね。


          朗読会
         朗読のあと、I さん手作りのサンドイッチと娘さんのプロ並のお菓子を堪能!



   事務所プロフィール
   works
          
関連記事

0 Comments

Leave a comment